li'ili'iⓇ(リィリィ)オフィシャルブログ

リィリィが生まれるまでの製造風景や日常の様子、新商品のご案内をどこよりも早くお届けします!

「li'ili'i(リィリィ)」®は障がい者の社会的”自立” という大きな夢をつかむために誕生した、ギフト石けんを中心としたバスアイテムブランドです。

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!! 

今回は、ちょっぴり内気な職人いちごさん、2回目!

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
私は、この前はじめてバスソルトを作りました。
白・オレンジ・黄色・紫・ピンク・緑など色のついた塩には
塩と作りたい色の色素を混ぜて種類ごとに決まった色を決まった
量をビンに入れ色と色が混ざらないように小刻みにトントンして
最終的に決まった量にいったら、キャップをする作業をしました。
決まった色を決まった量まで入れる作業は簡単でしたが、
最後の小刻みにトントンするところが手が疲れてしまうぐらい大変でした。
ですがキレイに可愛く仕上がってお客様が喜んでくれるよう一生懸命作りました。
これからも色んな作業でお客様に喜んでくれるよう一生懸命作業していきたいです。
**************************************

バスソルトとは入浴剤のことです。
天然のお塩を乾燥させて、カラフルな彩色をしたものをボトルに詰めています。
s-160903cp27262

世の中に、カラーリングされたバスソルトはあっても、
虹色のように何層にもなっている入浴剤はほとんどありません。

なぜなら、いちごさんの言うように、手で丁寧に敷き詰めていくとても根気のいる作業だからです。
image_IMG_3714 (2)

いちごさんが言っている“トントン"とは・・・。
これが何とも骨の折れる作業です。

優しく、でも素早く上下に瓶を振ることを言います。
これを繰り返すことで綺麗な層ができあがります。
image_IMG_3718 (2)

もちろん、シェイカーのようにシャカシャカ振ってしまえば、せっかくの層も混ざり合ってしまいます。
キャップをするまでは、倒すことも厳禁!

どんな商品でも心を込めて取り組む彼らだからこそ、生まれる逸品です。
バスルームを可愛らしく彩りますよ!

そして、こんなに色映え豊かな入浴剤にも関わらず、
浴槽はほのかに色づくだけで、汚してしまう心配もありません。

まだまだ温かいお風呂で癒されたい寒い日が続きます。
天然ミネラル成分がたっぷり配合された死海のお塩100%の入浴剤で、
今宵、香り高い優雅なバスタイムはいかがですか?
    Clip to Evernote

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!! 

今回は、いつもニコニコ、元気な職人なっちゃん、お初!

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
私はリンクラインに入社して8年目になりました。
私はリィリィのパーツ作りでいちばんすきなのは、キウイです。
とくにタネ付けが大すきです。
たまに失敗をしてしまって、スタッフさんに注意を受けてしまいます。
でも、もう一度やり直しをして、きれいにできていますと言われた時は
とてもうれしかったです。

でも、リィリィができたばかりのころのキウイのタネ付けは今とちがって、
カッターで黒い石けんをけずって竹ぐしでタネを付けていました。
1コ1コ竹ぐしでキウイの穴にタネを付けていくのは、とても大変で多すぎても
少なすぎてもいけないので、その調整が慣れるまで時間がかかってしまって、
1コの石鹸に時間をかけすぎないようにと注意を受けました。
それが悔しくて泣いてしまうこともありましたけど、私はあきらめないで
スタッフさんにアドバイスをもらってやってみたら上手くできたこともありました。
その時は、うれしさと達成感がすごかったです。

今では、キウイのタネ付けは黒をクレヨンのように塗ってタネを付けています。
そのやり方はメンバーの方が考えたアイディアです。
やり方は変わっても品質の大変さは変わらないので、
これからもパーツ作りをがんばっていきます。
**************************************

石けん作りの職人である彼らには、彼らの苦労が1人ひとり必ずあります。
実際に作るのは自分達なので、彼らの方から作りやすい方法、早くなる方法を
編み出すこともしばしばあります。
image_IMG_14702

結果として、品質も生産性も良くなることに繋がるのであれば、
どんどん取り入れていくのが私たちの強みです。

そうして、生まれた1つのパーツがまたたくさんのパーツと一緒になって、
ギュッと1つの石けんに散りばめられていく。
image_IMG_0436のコピー

この気の遠くなるような工程の間には、いくつものドラマがあります。
    Clip to Evernote

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!! 

今回は、男気あふれる職人さん、初回!

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
皆さんこんにちは最近寒いですね!

僕は今リィリィの石鹸を作っています。
作ってる中でも少し危険なギロチンカットと言う仕事をしています。
ギロチンカットは石鹸を決められたグラムにするために必要な仕事です。
前はスタッフしか出来なくて、僕がギロチンカットをやりたいと言ったら
しっかり教えてくれて今ではリィリィだけでは無く、
いろんな形の石鹸をカット出来るようになりました。

このリィリィはとても手が込んでいて、とても可愛いのでギフトやプレゼントに
最適なのでぜひぜひ皆さん買って使ってリィリィの事を友達、仕事ばの仲間、
家族に沢山広めて下さい!
**************************************

前回のみかるんさんからのギロチンマスターの登場ですね!
IMG_1513のコピー

石けんは切っても、指だけは切らないように気をつけてください!

Jさんはこう見えて、何気に手先も器用です。
次回投稿も期待したいと思います!
    Clip to Evernote

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

今回は、やる気に溢れている職人みかるんさん、3回目!

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
皆さん、こんにちは!
私は再びミックスタルトの作業を入りました、在庫があっという間に無くなって
いました。
在庫分として300個も400個も作りましたけど、生地作りの作り方もだいぶ慣れてきて
良かったと思います。
メンバーと一緒に生地作り~コーティングまでお互いに協力して上手く声かけして
やりました。
生地作りだけは、落ち着いて慎重にやれば品質良さもキレイに出来ています。
実は、ミックスタルトの作り~コーティングまでの作業するのが、ある女性のメンバーが
初日でまだ慣れていませんでしたけど、私がサポートして優しく教えました。

あと、いつもスタッフさんとメンバーでギロチンの作業をしていましたが、
ホントは自分もやりたいけど、男性のメンバーがこう言いました。
「危ないからやらない方がいい」と。
正直に残念です。
でも男性のメンバーが生地の修正をやっている姿を見ました。
私も生地の修正だけならやってみたいと自分の意思で決めました。
ギロチンがやりたい気持ちがあってもいつか時間のタイミングでやりたいと思いますし、
出来なくても生地の修正だけならいつでも私に任せてもらいたいです。

まだまだこれからもケーキシリーズの作りの方は、もっと勉強して少しずつ
出来るようになりたいです。
これから2018年になっても新しい後輩さんが色々教えることがたくさんありますし、
リンクラインに働いてから8年目になってアシスタントさんみたいに完璧な作業が
目指したいです。
**************************************


ギロチン(笑)

ちょっと怖い言葉ですね。
簡単に申し上げると、化粧品としての標準重量を調整するために、
刃の付いた手動カッターで石けんをカットしています。
IMG_1522のコピー

その作業は怪我のリスクを考慮して、まだ数名にしか伝授していません。
彼女のように意欲に溢れる職人さんには、どんどんチャレンジさせて
あげたいと思います。
IMG_3723

そして、新しい作業はメンバー同士で支えあいながら、皆で協力する。
1人の力は小さくても、皆が手を取り合えば、大きな力を生む。

まさに、リィリィの意味。
これからも皆でよいモノ創りをがんばっていきましょうね。
    Clip to Evernote

このページのトップヘ