li'ili'iⓇ(リィリィ)オフィシャルブログ

リィリィが生まれるまでの製造風景や日常の様子、新商品のご案内をどこよりも早くお届けします!

カテゴリ: 職人の声

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

今回は、やる気に溢れている職人みかるんさんが2作連続で投稿します。

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
先月前、ついにミックスタルトの生地作りを始めましたが、生地作りのやり方が混乱して
しまい、あまり詳しく解かりませんでしたので、生地作りだけ覚えてしまいました。
その日の朝、ホワイトボードを自分の作業を確認してみましたら、もう一度
ミックスタルトの作業になりましたので勉強するためのチャンスの時がやってきました。
今度は、1層目~3層目の流しと生地カットの方を覚えましたが、ある日、
生地カットの治具を使ってアシスタントさんにやり方を教えてもらいましたが、
なかなか治具の位置が解かりづらくて悩んでいましたが、その時こう言われました。
「出来ないならやめる?」と聞かれてしまい、それでも出来るようになりたいと
自分の意思で決めました、
そしたら私はこう答えました「出来ます」と諦めずに答えました。
やってみましたら、解かったのは十字架(じゅうじか)のようにカットすれば切ると
思いましたので理解できました。

今後もまたベリータルトとショートケーキとチョコレートケーキとバナナタルトと
レモンタルトも注文が入ってきますので、まだまだ生地作りの勉強が必要だと思います。
今度タルトやケーキの生地作りの作業がありましたら、少しずつ勉強して後輩たちにも
教えられるように頑張ります。
**************************************



彼女が言っているタルトやケーキと言うのは、こちらです
image_IMG_04602

大人気のアイスキャンディバーソープにも使われるフルーツのケーキバージョンですが、
その可愛らしい盛り付けも全て彼らが1つ1つデコレーションしていきます。

生地の部分は、ホイップやクリームに見立てた層を実際に石けんで流して、本物のケーキのようにまずホールを作ります。
それをその後に、お菓子作りに使われるような治具で1/8サイズに実際にカットするのです。


言うは易し。
実際にやってみると層を均等にキレイに流すこともなかなかの技量が問われます。
薄すぎてもせっかくの断面が見えなくなってしまうのです。
image_IMG_6853のコピーimage_IMG_6774のコピー
断面分かりますか!?

更にカットする際は、どこが中心かをしっかり見定める必要がありますので、彼女のようにコツを掴むまで悩むこともしばしば。

それでも、できないから諦めるのではなく、チャレンジをしてできるようになった時の喜びを彼らは知っています。
できるようになるまでの涙や苦労は、完成した石けんを見た時の感動に繋がるわけですね。

これからも試行錯誤しながら、自分達なりの創意工夫で品質を追求し続け、失敗を恐れずどんどんトライして欲しいですっ!
    Clip to Evernote

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

今回は、とっても真面目で、よく気の利く職人みかるんさん。

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
皆さん、こんにちは!
・4月に表彰式で殊勲賞の結果は、まさかの私が2回も取るなんてびっくりしました。
2年前も殊勲賞も取るなんて思いませんでしたが、私の家族と会社の皆が「すごい」と喜びました。

・最近リィリィの新作石けんがありましたけど、覚えるのにとっても大変でした。
しかし新作キャンディソープの棒をつける作業をせっかく覚えて出来るようになりましたのに、休日の間、事故があって左の親指が捻挫(ねんざ)になってしまい、ラッピングの作業が出来なくなってしまって、とっても悔しかったです。

・次に新作のカップケーキのトッピングのパーツ作りとパーツセットもやって覚えましたが、カップケーキのパーツセットがまだまだ種類がやったことがない物がありますのに、全種類覚えたいのに作業できなくて正直残念です。

・5月からお客さまの香りサンプルの作業を入りましたけど、一度やってみたいと思いました。
時々香りサンプルの作業に入りましたけど、勉強のために復習して良かったと思いましたが、しかし香りサンプルは、ボトル系とジップロックの袋タイプがあります。袋タイプの方も一度やったことがなくて勉強したいと思います。

・休日の間、一人でお客さまの営業に行って色んな店舗も回って店長さん達が喜んで感想を聞かせてもらいました。
会社で営業活動の報告して皆が喜んでいました。

・これからも仕事してもまた失敗して恐れることもありますし、今自分で出来ることをもっと勉強して生かせるようにしたいですし、時々、スタッフさんとメンバーの皆の言われた会話が上手く伝えにくい時もありますが、こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。
**************************************


ご本人のたっての希望なので、表彰式のシーンを少しだけお見せします。
毎年、全社キックオフにて、その年の功労者に対して、表彰を行うのがボク達です。
IMG_0097
2年連続おめでとう!
次はさらに高みを目指してがんばってくださいね!

ボク達の石けんはラッピングも全て自社で一貫して行っているので、可愛くギフトとして仕上げるのに、最初は皆てこずりましたね!
でも、この悔しいとか、できなくて残念って気持ちを出してくれるということは、それだけ自分のスキルを磨きたい、もっと向上したいという気持ちの表れですので、ボクとしては、本当に嬉しく思います。

そして、すごいのが、営業。
ナント、ボク達の会社では働いている障がい者の皆が自分達の作った石けんを置いて頂いているお客様のお店に伺い、休日にご挨拶に行ったりしています。
ちゃんと、名刺も持って。
みかるんさんだけでなく、色々なメンバーが入れ替わり、様々な地区にお伺いしています。
DSC_9612

初めてのお店は、とてつもなくキンチョーするはずですし、その胸中たるや、バクバクでしょう。
それでも、それだけ彼らのお客様に対する思い、商品に対する思い、手に取って頂いた全ての方に笑顔になってほしいという思いがあればこその行動ですし、その思いこそがボク達のぶれない強さです。
お店の方もお忙しい中、親切にご対応頂き、本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。
1点だけ、お店の方にお願いがあります。
日本語の解釈に齟齬がありましたら、失礼をお詫びいたします。
彼らの純粋な気持ちに免じて、なにとぞご容赦くださいませ。
    Clip to Evernote

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

今回は、とっても恥ずかしがり屋さんだけど、とってもセンスのある職人いちごさん。
(名前を途中で変更したいとご本人が仰られましたので、一部既に公開されたネームが違います。)

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
私は、リンクラインに入って2年目になりました。
はじめは、フルーツキャンディバーソープのラッピングをやる日々が多かったですが、1年も経たず石けん(パーツ)作りに入ることができました。
フルーツ系からフラワー系・色んなパーツ作りをしたことがある物とない物がありますが、その中で1番こだわって作ったのが、 マーガレットです。
ファイル_0012
マーガレットは、 白・オレンジ・黄色・水色・紫・ピンクの6色あります。
中の部分・花びらの部分・バリとりの3つの行程に分かれていて 6色もあるので色によって中の部分の色・花びらの部分の色が違うのでそれにそって作っています。
ファイル_0022
特にこだわって作ったのが、 最後のバリとりです。
中の部分をたけぐしで型に垂らして固めて固まったら、花びらの部分を型に流して固めて固まったら、型から外して、そして、バリとりをします。
バリとりは、キレイに仕上がるように こだわってしまいますが、とっても可愛いキレイなマーガレットなど色んな石けんが、お客様に手にとって頂けるように心を込めて、これからも作っていきたいと思います。
**************************************


まさしく職人ですね~。
ここで言う、バリ取りというのは、見栄えを損なう余分なところを切り落とし、模様をキレイに仕上げる非常に手間のかかる作業のことを言います。
ファイル_0032
この一手間を惜しまないところが、まさしく日本品質ではないでしょうか。

花びらはとても小さいので、すごく繊細な作業となりますが、こうして丁寧に作られたパーツが石けんになると、こんなに可愛らしく仕上がります。
image_IMG_8331のコピー
お花は他にも薔薇やプルメリアなどの種類もあり、中にはグラデーションで彩ったものもあります。
もちろん、石けんなので、いつまでも枯れることなく、いつでも咲き誇っています

お花もフルーツと同じく、香りが全部異なりますので、ぜひお気に入りを探してみてくださいね。
    Clip to Evernote

皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

今回は、とっても恥ずかしがり屋さんだけど、とってもセンスのある職人Lさん。

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
私はリンクラインに入って2年目になります。
まだまだ教わる事が多く、スタッフさんやメンバーの皆さんに迷惑をかけてしまっています。
私がやっている仕事はリィリィのラッピングです。
ラッピングはとても楽しく、アイスキャンディーではかなりの数をやった事があります。
ミスも何度かして、その度にめっちゃ凹みます…。
リィリィのパンフレットの絵も描きます。
スタッフさんに頼まれる事があるのですが、(私以外にも上手い人達がいるのにな〜…)と思いつつ、絵を描きますが、ペースが遅く、よく待たせます。 てへっ🌟
今はシートカットもやっています。
やり始めの時は教わった事をメモし、やり方を見ながらやります。 とても楽しいです。
まだまだスタッフさんやメンバーの皆さんを困らせる事すると思いますが、リィリィをお客様に知ってもらえる為、石けん作りを頑張りたいです。
(特派員Lさん)
**************************************

そんなLさんがやっているラッピング作業はご近所の福祉事業所でもお手伝いを頂いている地道だけど、とっても大切な作業です。
s-IMG_3247
ボク達の作る石けんがいかに可愛く見えるか、製品としての価値を左右すると言っても過言ではありません。
そんなギフトラッピングの1つ1つの作業まで心を込めて行います。

シートカットというのは、その前段階として、真空包装された石けんを1つひとつに切り分ける作業です。
s-IMG_3229
皆、それぞれマイはさみを駆使して、スパスパとキレイに切ってくれます。

そして、Lさんが手がけた作品は、石けんに留まらず、ボク達の商品カタログの挿絵を描いてくれています。
色鉛筆の柔らかな雰囲気が、リィリィととってもマッチして、ほんわかとした可愛いカタログができました。
IMG_08222
貴重な原画を少しだけご紹介。
こちらがカタログに載っている絵です。
IMG_08202
リィリィオンラインショップでお買い物をすると、もれなく付いてきます!

リィリィはボク達みんなで作り上げるブランド。
カタログも全てお手製です。
ぜひ、そんな細やかな部分からもリィリィを感じ取って頂けたら、嬉しいです。
    Clip to Evernote

皆さん、好評?につき、AKさん2回目の登場です!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

では早速、ご覧ください!!
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)
IMG_10612

**************************************
最近のリンクラインは石けん作りで毎日忙しい日々を送っていますが、石けん作りが決して毎日している訳ではありません。
例えば、夏には海に行き、バーベキューをしたり、花火大会など色々な行事があります。
そこでお客様にリィリィをたくさん知ってもらえる良いチャンスを与えてくれて、またその先のお客様にも伝わって行きます。
私はリィリィの石けんがまさかそんなにもたくさん売れるほど人気になるなんて夢にも思いませんでした。
その先大変なこと、つらい事がありますが、私達はお客様によろこばれる良い石けん作りをこれからもそして、何十年後も続けていけたら良いです。
私達は将来に向かってとても良い石けん作りをしていきたいなぁと思っているからです。
機械包装も最初はむずかしかったですけど、動画を見て復習して覚えたのでできました。
包装もあきらめずにがんばります。
これからもめげずに前向きに一生懸命石けん作りに励んでいきます。
**************************************

海辺のバーベキューはリンクラインの皆で毎年行っている社内行事です。
心も身体もリフレッシュして、また、モノ創りに励んでくれています。
IMG_1115のコピー
(ご本人が顔出しOKと言うので・・・。

機械包装というものは、当社は数少ない完全ハンドメイドのメーカーですが、手作りの拘りは残しつつ、彼らを補助する役割で品質も生産性も高められるのであれば、積極的に導入していこうという趣旨で投入した画期的マシーンです!
IMG_10672

そのおかげでボクたちの作る石けんのリアルさそのままにパッキングされた石けんが出来上がるわけです。
とても重宝しているマッシーンです!!
今や、その使い手となったAKさん、これからもバンバン石けんをパッキングしてくださいね。

AKさんへのファンレターもドシドシ受け付けております。
    Clip to Evernote

このページのトップヘ