皆さん、こんにちは!
リンクラインでがんばって可愛い石けんを作ってくれている障がい者の“生の声”が聞ける『職人の声』!!

今回は、とっても恥ずかしがり屋さんだけど、とってもセンスのある職人いちごさん。
(名前を途中で変更したいとご本人が仰られましたので、一部既に公開されたネームが違います。)

では早速、ご覧ください!! 
(日本語の表現はところどころ“?”となっていても、温かい目でお願いします。)

**************************************
私は、リンクラインに入って2年目になりました。
はじめは、フルーツキャンディバーソープのラッピングをやる日々が多かったですが、1年も経たず石けん(パーツ)作りに入ることができました。
フルーツ系からフラワー系・色んなパーツ作りをしたことがある物とない物がありますが、その中で1番こだわって作ったのが、 マーガレットです。
ファイル_0012
マーガレットは、 白・オレンジ・黄色・水色・紫・ピンクの6色あります。
中の部分・花びらの部分・バリとりの3つの行程に分かれていて 6色もあるので色によって中の部分の色・花びらの部分の色が違うのでそれにそって作っています。
ファイル_0022
特にこだわって作ったのが、 最後のバリとりです。
中の部分をたけぐしで型に垂らして固めて固まったら、花びらの部分を型に流して固めて固まったら、型から外して、そして、バリとりをします。
バリとりは、キレイに仕上がるように こだわってしまいますが、とっても可愛いキレイなマーガレットなど色んな石けんが、お客様に手にとって頂けるように心を込めて、これからも作っていきたいと思います。
**************************************


まさしく職人ですね~。
ここで言う、バリ取りというのは、見栄えを損なう余分なところを切り落とし、模様をキレイに仕上げる非常に手間のかかる作業のことを言います。
ファイル_0032
この一手間を惜しまないところが、まさしく日本品質ではないでしょうか。

花びらはとても小さいので、すごく繊細な作業となりますが、こうして丁寧に作られたパーツが石けんになると、こんなに可愛らしく仕上がります。
image_IMG_8331のコピー
お花は他にも薔薇やプルメリアなどの種類もあり、中にはグラデーションで彩ったものもあります。
もちろん、石けんなので、いつまでも枯れることなく、いつでも咲き誇っています

お花もフルーツと同じく、香りが全部異なりますので、ぜひお気に入りを探してみてくださいね。